竹絣1.jpg

すっきりとした着尺

柄も控えめで濃紺なので、すっきりとかっこよく着ていただけます

竹絣2.jpg

藍染

 藍はすくもを灰汁とお酒など自然のものだけで発酵させて建てているところで、染めていただいています。
そうして染められた藍は色見も違いますし、色の落ちも変わってきます。
布になっても藍は生きています。
本当の藍をぜひ感じてください。

竹絣6.jpg

竹文経緯絣

井桁竹と笹の竹文絣です手間がかかった縦横絣

竹絣5.jpg

木綿の風合い

 柔らかくて腰がある。
和綿手紡ぎならではの風合い
着ていただくとその良さが実感できます。

竹絣2.jpg

20回以上の染め重ね

藍を20回以上染め重ねています。一見、黒のようにも見えるほど濃く染めてあります。灰汁発酵建てでこれだけ濃い藍を染められるところは少なくなってきてるように感じます。

藍竹文着尺

巾:1尺1分
長:3丈3尺
重量:1015g
経糸:紡績綿糸
緯糸:伯州綿手紡糸
染め:藍灰汁発酵建て